Se projeter dans l'avenir 〜INSEAD MBA留学記〜

2018年8月からINSEAD MBA留学。MBAで感じたことについてつづります

MBA

最後の授業で、日本の社会問題について考える

今日は私にとって最後の授業でした。「私にとって」というのは、どの選択科目を履修しているかによって終わるタイミングが変わるためで、早い人だと1ヶ月前に終わっている人もいます。 兎にも角にも、これで終わりです。必須科目15、選択科目12の合計27コマ…

一年制MBAのメリット・デメリット

6月も半ばに差し掛かってきて、授業の残すところあと少しわずかとなってきました。卒業する前に、なんならこのINSEADに在籍している間に、MBAとキャリアに関する情報も発信できればなと思います。 MBA特に海外フルタイムにおいては、2年制のものと1年制のも…

「MBA不要論」について考えてみた②

前回の「MBA不要論」について考えてみた①からほぼ一年近くが経ちました。現在絶賛プログラム進行中ですが、もう一度この問いについて考えてみたいと思います。 dajili.hatenablog.com なぜこのタイミングなのか。というのも、以下記事を見つけたからです。 w…

海外MBAでダイバーシティについて考える

MBA

現在世界でもトップクラスの海外学生比率(97%)を占めるINSEADにて勉学に励んでいるのですが、ここで考えてしまうのがダイバーシティについてです。 ダイバーシティ(Diversity)という言葉は、日本社会でも取り上げられるほどポピュラーな言葉となってきまし…

INSEADの授業から、TOEFL/GMATについて振り返る

あけましておめでとうございます。来週からシンガポールで授業が始まるわけなのですが、現在は日本に滞在し、いつもと変わらぬ年末年始を過ごしています。日本に戻ってきて色々と留学生活を振り返り、改めて現在の経験の価値について考えています。その中で…

INSEAD MBAと子育て〜両立は可能か〜

INSEADのMBAプログラムはダイバーシティを謳っている通り、本当に様々なバックグラウンドを持つ学生が集まってきます。それは国籍・職歴にとどまらない多種多様性で、「全員がマイノリティ」といってもいいような気がします。そうした中で自分がマイノリティ…

海外MBAと日本企業の相性

"MBAは役立たず"というウソが出回る理由 | プレジデントオンライン 今日見つけた面白い記事。MBAに関する記事がやたらと多いプレジデントオンラインから今日も記事が出ていたのでハイライトします。 この記事が浮き彫りにしているのが、日本企業のMBAホルダ…

私が海外MBA留学に求める3つのもの

さて、タイトルも変更し、本格的にMBA留学記にシフトしていきたいと思います。引き続き読書リレーは続けてまいりますが、徐々にMBAに関する記事を増やしていく予定です。 ビジネスパーソンにとって不思議な響きを持つMBAという言葉。書店に行けば多くの書籍…

遠藤功『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』〜読書リレー(100)〜

日本のMBAのみならず、MBAとキャリアについて考えた本です。 経営コンサルティング会社ローランドベルガー元会長で、早稲田大学MBAプログラムの教授でもあった遠藤功氏。自身もMBA卒であるにもかかわらず、「日本人にMBAはいらない」というタイトルで本を出…

私が欧州MBAを選ぶ5つの理由

MBA

MBAのプログラムスタートまで、半年を切りました。今までこのブログでは読んだ本の読後録をメインにしていましたが、これに加えて、MBA留学に関する情報もこのブログを通じてシェアしていきたいと思っています。 18年の8月より、INSEAD(インシアードと呼びま…

「MBA不要論」について考えてみた①

MBA不要論を唱える前に、その根底の考えを疑うべきかと 日本のビジネススクールは行く価値があるか? (ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース 今日見つけた記事で面白いものがあったので、紹介と共に私のコメントを入れたいと思います。タイトルはまさ…

欧州MBAに留学することにしました

唐突ですが、ある欧州のMBAプログラムからオファーをいただき、色々な人に相談して逡巡した結果、MBA取得のため留学することにしました。 日本の本屋のビジネス・経済の本棚でよく見かける「MBA」という三文字。Master of Business Administrationの頭文字を…