Se projeter dans l'avenir 〜INSEAD MBA留学記〜

2018年8月からINSEAD MBA留学。MBAで感じたことについてつづります

1月7日 〜P3授業初日〜

今日はシンガポールでの授業初日。といってもまだシンガポールには昨日到着したばかりで、空港に隣接するホテルから出発し、今回シンガポールにて滞在する住居まで移動し、入居手続きを済ませてからになる。
 
正午にシンガポールキャンパスに到着。キャンパスはフォンテーヌブローとは異なり、学校というよりかはオフィスビルのような作り。フォンテーヌブローは二階建てで、広い森の中に平屋のように広々とキャンパスがあったが、シンガポールは高層ビルのような形でフォンテーヌブローとは雰囲気も異なっている。
 
正午にはシンガポールキャンパスに今回のピリオドで移動してきた学生向けへのキャンパス説明会。三週間近くのブレイクを経てシンガポールで合流することもあり、それぞれの再会を喜ぶような形に。日本に帰っていたからわかるけどやはりこの学生の雰囲気は本当になかなかない良いものだと思う。終了後にキャンパスの外で友人と昼食。米中貿易戦争について中国人と意見を交わす。
 
午後はM&A/Alliance/Corporate Strategyの授業。このピリオドから選択科目が始まり、これはStrategy科目のうちの一つに当たる。内容は日本語訳がそのまま似合う「コーポレート戦略」。全社としてどのような事業を、どのような形で持つのか、そしてどのようにシナジーを起こすのかについて。1回目の授業はイギリスの銀行のケースを用いて、M&Aによるシェア拡大か、多角化による海外進出かなどの選択肢についてQualitativeな観点で議論。
 
夜は住居に戻って生活の立ち上げ。シンガポールはフォンテーヌブローと比べて大都会で、徒歩圏内に色々なショッピングモールが並ぶのは本当に便利なところ。
 
では、では