だじりブログ

日々の読書から広がる考察

ビジネス

ファーストフード店の明暗が分かれつつある理由

今日見つけた面白い記事二つ。 急回復マックが"今がヤバい"と考える理由 サブウェイが4年で170店舗も閉めた理由 投資の世界では、ファーストフード店舗の株は「デフレ株」とされて、こうした好景気に沸く現在においてはあまり注目されない銘柄だそうです。そ…

中野雅至『ニッポンの規制と雇用~働き方を選べない国~』〜読書リレー(127)〜

タイトル通り、日本の雇用については賛否両論ありますが、真に働き方を選べないという点ではマイナスなのかもしれません。 ニッポンの規制と雇用 働き方を選べない国 (光文社新書) 作者: 中野雅至 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/11/13 メディア: 新…

なぜ無印良品は深センでホテルを始めたのか

中国「無印良品ホテル」に泊まってみた!評判だが違和感満載 | 谷崎光の中国ウラ・オモテ | ダイヤモンド・オンライン 2018年1月に世界で初めてとなる無印良品ホテルをオープンしたそうです。このホテルでは、無印良品の製品コンセプトそのままを演出、寝具…

電子書籍の罠とは?

www.msn.com という面白い記事があったのでシェアしておきます。電子書籍愛好家である私にとってはまさしくカウンターな記事な訳ですが、電子書籍の落とし穴として、この記事では以下の三点を取り上げています。 ①あくまで使用権であるため、今後使用できな…

パナソニックが自動車メーカーになる日

というタイトルで本を書く人がいるかもしれない、そんな未来を感じさせてくれるような記事です。 パナソニック、攻めの中国戦略…超小型EV事業に参入、競争力を強化(1/2ページ) - 産経WEST 今日見て思わずおおっとうなってしまった記事です。パナソニック…

中国人が爆買いをするのは、日本のモノが良いからではない

先日出張で日本に帰りました。期間は三日間と短いですが、フライト時間が短く便自体も便利ですので、海外出張を感じさせてくれない距離感と利便性が中国ー日本間にはあると思います。 さて、中国から出張に行くと必ず起きるのが「買い出し」。いわゆる「爆買…

根来龍之『プラットフォームの教科書 超速成長ネットワーク効果の基本と応用』〜読書リレー(123)〜

最近自分の中でブームになりつつあるプラットフォームという言葉。これを若干アカデミックな観点から概念装置を用いて分析しているのがこの本、という位置付けです。 プラットフォームの教科書 超速成長ネットワーク効果の基本と応用 作者: 根来龍之 出版社/…

塚越 寛『リストラなしの「年輪経営」~いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長~ 』〜読書リレー(122)〜

非常に特殊な会社の状態であるために、それをまとめたこの本も、非常に特殊なロジックを有しているような気がします。 リストラなしの「年輪経営」: いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長 (光文社知恵の森文庫) 作者: 塚越寛 出版社/メーカー: 光文社 発…

辻井啓作『小さな会社・お店のための値上げの技術』〜読書リレー(121)〜

小さな会社・お店のための 値上げの技術 作者: 辻井啓作 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 2014/02/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る Kindle Unlimitedで読み放題対象になっていた本です。中小企業向けに、値上げ…

日本の航空会社に差がついた理由はLCCなのかな?

タイトル通り。ちょっと読書とMBAに関するトピックから離れて、マイラーである私が個人的に好きな飛行機に関するビジネストピックを。 先日プレジテンドオンラインで次のような記事を見つけて、面白いなと思っていたのですが、昨日の夜に早速関連するニュー…

ケン・ シーガル『Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学』〜読書リレー(118)〜

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学 作者: ケン・シーガル 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2012/07/31 メディア: Kindle版 購入: 4人 クリック: 5回 この商品を含むブログを見る Kindle Unlimitedの読み放題対象の本だったので、思わず即ポチし…

田中聡、中原淳『「事業を創る人」の大研究』〜読書リレー(117)〜

久しぶりに学術書らしい?研究に満ち満ちた本です。 「事業を創る人」の大研究 作者: 田中聡,中原淳 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 発売日: 2018/01/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る…

尾原 和啓『ITビジネスの原理』〜読書リレー(115)〜

ITビジネスのベースとなる考え方を提供してくれる一冊です。 ITビジネスの原理 作者: 尾原和啓 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2014/01/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る 表紙にも書かれていますが、著者の尾原氏は経営コンサ…

下園荘太『自衛隊メンタル教官が教える 折れないリーダーの仕事』〜読書リレー(105)〜

「生き残るためのリーダーシップ」という概念を提供する、とても興味深い本です。 自衛隊メンタル教官が教える 折れないリーダーの仕事 作者: 下園壮太 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター 発売日: 2017/03/24 メディア: Kindle版 この商品…

遠藤功『生きている会社、死んでいる会社』〜読書リレー(97)〜

その会社は、生きているか?それとも死んでいるか? この観点で会社をみると、面白いように本質が見えてくるように思えます。 生きている会社、死んでいる会社 作者: 遠藤功 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/02/23 メディア: 単行本 この商品…

下野隆祥『世界一のサービス』〜読書リレー(96)〜

4月になりました。新しい一年の始まりではありますが、このブログでは継続して読んだ本のレビューを行なっていきたいと思います。 世界一のサービス (PHP新書) 作者: 下野隆祥 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2012/11/16 メディア: 新書 購入: 1人 クリ…

前田裕二『人生の勝算』〜読書リレー(95)〜

こういう本は評価が難しいです。 人生の勝算 (NewsPicks Book) 作者: 前田裕二 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/06/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る SHOWROOM社の代表である前田裕二氏による、ご自身の人生における体験談と、そこで…

落合陽一『日本再興戦略』〜読書リレー(93)〜

タイトルはかっこいいですが、最近のバズワードのまとめサイト的な本です。 日本再興戦略 (NewsPicks Book) 作者: 落合陽一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/01/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 落合陽一氏による、日本再興に…

中国国内便でオーバーブッキングに遭遇

やられました。 先週は上海から武漢(湖北省の都市)に出張の予定だったので、朝早く起きて虹橋空港に行きました。出発時刻の1時間半前には空港に到着し、比較的ゆとりのあるスケジュールと思っていました。航空会社はMU、中国東方航空といって上海を拠点とし…

中国のイノベーション事情〜日本にない2つのアドバンテージ〜

先日、上海に留学している日本人学生と議論する機会があり、仕事で得た経験をベースに中国のイノベーション事情について議論してきました。議論の中で色々面白い点を浮かび上がらせることができたので、このブログにおいてもまとめてみたいと思います。 すで…

江夏 幾多郎『人事評価の「曖昧」と「納得」』〜読書リレー(91)〜

この時期は、会社勤めの方ですと、人事異動などの社内のニュースが取り上げられることが多いと思います。「〇〇はあそこに行った」「あの部署は若返りがなされた」などなど、ゴシップベースから事実ベースで、ありとあらゆる情報が飛び交います。つくづく、…

久保亨・瀬畑源『国家と秘密 隠される公文書』〜読書リレー(90)〜

Kindleの日替わりセールで安かったので、思わず即ポチした一冊です。でも、トピックがタイムリーなので、お買い得感満載です。笑 国家と秘密 隠される公文書 (集英社新書) 作者: 久保亨,瀬畑源 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/10/17 メディア: 新書 …

「MBA不要論」について考えてみた①

MBA不要論を唱える前に、その根底の考えを疑うべきかと 日本のビジネススクールは行く価値があるか? (ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース 今日見つけた記事で面白いものがあったので、紹介と共に私のコメントを入れたいと思います。タイトルはまさ…

菊澤研宗『戦略の不条理~なぜ合理的な行動は失敗するのか~』〜読書リレー(85)〜

やはりビジネスと軍事は似た者同士、お互いに学ぶべきことは多いようです。 戦略の不条理?なぜ合理的な行動は失敗するのか? (光文社新書) 作者: 菊澤研宗 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/07/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 現在は…

上念司『歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い』〜読書リレー(84)〜

タイトルは危機管理となっていますが、いわゆるオムニバス形式の新書です。 歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い?「まさか」というシナリオ? (光文社新書) 作者: 上念司 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2013/03/22 メディア: Kindle版 この商品を…

保坂俊司『宗教の経済思想』〜読書リレー(83)〜

最近光文社新書の紹介が多いですが、これもKindle Unlimitedです。Kindle Unlimitedでは、光文社新書の比較的古いアイテムについては、ほとんど読み放題で読むことができます。また、光文社古典新訳文庫も読むことができるのです。私のようななんでもつまみ…

「社会脳」という考え方

脳科学で最近出てきている新しい分野として、「社会脳」というものがあります。社会脳というのは、瞬間的に変化する社会的ルールに対応して、適切に行動を切り替える脳の働きだといいます。人間の脳は脳ひとつだけで行動のパターンが全て決まるとは限らない…

舘〓(すすむ)『バーチャルリアリティ入門』〜読書リレー(78)〜

バーチャルリアリティ第二弾。今回は、この分野の「古典」とも呼ばれる一冊を読んでみました。 バーチャルリアリティ入門 (ちくま新書) 作者: 舘〓(すすむ) 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/07/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る …

細谷功『アナロジー思考』〜読書リレー(77)〜

Kindle Unlimitedで読み放題対象だったので手に取りましたが、うん、とても参考になる内容です。 アナロジー思考 作者: 細谷功 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2013/05/02 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 細谷功氏による、アナロ…

財布を持たずに外出できますか? 〜キャッシュレス社会が日本に訪れるシナリオ〜

最近日本でも、電子決済・いわゆるキャッシュレスが注目されるようになってきたようです。これらは従来の取引方式に変わる仕組みとして、期待がされている、と行ったところでしょうか。 しかし、キャッシュレス化というと、日本は完全に遅れをとっているよう…