だじりブログ

日々の読書から広がる考察

読書リレー(24) ハイディ・ハルバーソン「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」

 

 

あけましておめでとうございます!

2018年が来ましたね。今年も変わらずこのブログで本を紹介できればと思いますので、今年も何卒宜しくお願いいたします。

 

今年初めの一冊は、コロンビア大学心理学者であるハイディ・ハルバーソン氏による、正しい目標達成の方法を記した上記の本です。最新の心理学の研究を参考にしながら、どのようなアプローチをすれば、自分が目指したいコト・モノを成し遂げるのかを書いてある非常に実践的な本です。分量はコンパクトではあるものの、具体例が豊富かつメッセージが明確であり、すぐにでも試すことができます。

 

まあ目次を見ればわかるのですが、この9つの習慣とは以下です。

1 明確な目標を持っている

2 if-thenプランの形で「いついつになったらやる」と計画している

3 現状と目標までの距離に目を向けて「目標に近づくために何をすべきか」に焦点を当て、モチベーションを維持している   

4 成功できると信じている。同時に、成功は簡単には手に入らないと考えて、努力をおこたらない   

5 最初から完璧を目指さない。失敗を恐れることなく、少しずつでも進歩することを考えている

6 どんな能力でも努力で身につけられると信じている。どんな困難でも「やり抜く力」を持って当たることができる

7 意志力も鍛えれば強くなることを知っていて、習慣的に鍛えている。筋力と同じように、意志力も使いすぎれば消耗することを知っている

8 誘惑をできるだけ近づけないようにしている。意志力で誘惑に打ち勝とうとはしない

9 「やらないこと」でなく「やること」に焦点を置く

 

一つ一つは当たり前に見えますが、具体例などを通じて、どのようなマインドセットで取り組むべきなのかについて、本書で紹介されているので、興味のある方はぜひ一読をお勧めします。これを元に、僕も今年の一年の目標を立ててみたいと思います笑

 

では、では