だじりブログ

日々の読書から広がる考察

9月25日 〜債権リスクとサッカーと〜

午前中にFinancial Markets and Valuationの授業。テーマは債権のリスクに関するもので、スポットレートのボラリティとデフォルトという二つの違ったリスクについて扱いました。だいぶ内容が踏み込んできたので、教授もだいぶペースを落として説明しているような気がしました。曰く多くの学生がつまづきやすいというところだからというのですが、それにしてもペースは早い気がします。

 

午後はPrice and Marketingの授業。需給バランスの中で生産余剰と消費余剰を見た時に、価格統制や補助金がどのように余剰に影響を与えるかについてが主なトピックでした。この辺りも学部時代のミクロ経済学でやったような内容なのですが、なにせ10年前以上のことなので忘れてしまっている…。良いおさらいになっているような気がします。

 

終了後、久しぶりに会社の説明会へ。フォンテーヌブローにはヨーロッパでの就職を前提にリクルーティングチームがイベントを組んでくるため、アジアで可能性を探している私にとっては少し対象外の気がしてしまいました。イベント終了後早々に退出。

 

そのあと久しぶりにサッカーに参加。毎週火曜日夜がサッカーが行われる日で、基本的に7人制のゲームを行います。日本人は私1人で、ほとんどがヨーロッパ系が占めるため、程よいレベル感でとても楽しめています。そろそろちゃんとサッカーシューズ買わないと…笑