だじりブログ

日々の読書から広がる考察

MBA’19J Launch Week⑨

午前中はCareer Development Centerが主催する「Career Theme」という講義。MBAはビジネスリーダー養成学校ということで、INSEADは前回も記載した通りキャリア支援に非常に注力しており、その一環としてこの講義が上げられます。すでに英文履歴書(CV)の添削、キャリア支援室のオリエンテーションについてはこのブログでも取り上げましたが、今日は「Career Theme」と題して、キャリアを通じてなにをやっていきたいのかという点に焦点を当てて議論が行われました。

 

キャリアというと難しく聞こえますが、簡単にいえば、「なにをやりたいのか」「どうすれば良いのか」という二つの簡潔な問いに帰結させることができます。それらを追求していく上でキャリア支援室が様々なプラットフォームを提供しており、非常に参考になります。個人的にはキャリアは就活の時に考え抜いていたところもあり、「30にもなって、またキャリアのことについて考えないといけないのか…」なんて思っていたところもありましたが、今行うことで改めて発見もあり、興味深いところもあります。

 

一つの思考実験として今回の授業で取り上げられていたのが、10枚の写真です。この思考トレーニングは自分がキャリアで大事にしたいこと、熱意を持って取り組みたいことを表す写真を10枚用意し、それをグループに共有し、直感でどのような人かを想像する、というものです。ちなみに私は個人的に興味のあるアジアの写真、モビリティの写真、拡張(Augmented)の写真を中心に準備したら、Intellectual Challengeというフィードバックが帰ってきました。当たらずとも遠からずということで、間違ってはいないかと。

 

その後は「Learning at the Peak」ということで、再びどのようにすれば最高の学習環境を作れるかという議論を行いました。やはり環境が人を変えるのは当たり前ですが、その環境を作り出すのもまた人な訳で。高いコミットメントと貢献意識がなければ最良の環境は作れない、そんなことを感じさせてくれるディスカッションでした。

 

この後P1パーティと称してフォンテーヌブロー近郊のシャトーに繰り出します。開始時間が10:00、終了時間が午前2:00と、未だかつて遭遇したことないタイムスケジュールですが、どんな感じになるのかこれから体感しにいってきます…。

 

では、では