だじりブログ

日々の読書から広がる考察

中国語の漢字の95%は日本語と同じ

ということで、今回は中国語に一切関与したことがない人、もしくはどこかで中国語を見たことはあるけど全く知らないという人のために、「中国語と日本語が似ている」という天にフォーカスを当てて説明していきたいと思います。

 

皆様ご存知の通り、中国語は漢字が用いられます。ただ、中国語を知らない人からすると、「漢字といっても、中国語と日本語で使われている漢字は違うんじゃないか?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。確かに、中国語と日本語は言語学上全く別のものになります。しかし、漢字だけにフォーカスを当てて見ると、実はかなりの点で親和性があるのです。

 

これは完全なる私の肌感覚ですが、ビジネスで用いられる中国語において、50%は日本語と中国語の漢字が同じだと言い切れます(あくまでも漢字という文字にフォーカスを当てています)。すなわち、日本語話者である我々は、何もしなくとも、中国語の半分がすでにわかったということになります。これはすごいことですよね。

 

じゃあ残りの半分は何かと言うと、45%は簡略化された、いわゆる「簡体字」というものです。これはおそらくどこかで見聞きした人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?中国では1950年代にかけて、元々の漢字を簡略化した簡体字というのが使用されるようになりました。ですので、一部の漢字は依然としてこれらの簡体字を採用しているのです。この部分が、巷でよく言われる「中国語と日本語で使われている漢字は違うんじゃないか?」という部分になります。

 

ただこの簡体字、実は法則を掴めば日本語の漢字に簡単に置き換えることができるのです。これを使えば、簡体字といえどもすぐに日本語の漢字として「解読」することができます。このメソッドについては改めて紹介したいと思います。

 

そして残りの5%は、残念ですが中国語でしか使われない漢字となります。ただここまで来てこう思った方もいるのかもしれません。「待てよ、半分が日本語と同じ漢字、45%が少し解読が必要だけど日本語の漢字を使って読める漢字。ということは、95%は日本語の漢字と同じなのか?そんなことはないだろう」

 

いや、実際にそうなのです。漢字という文字にフォーカスをすると、私の肌感覚では95%が同じ漢字だと言えるのです。

 

百聞は一見にしかず(ちなみにこれを中国語で書くと百闻不如一见と書きます。あれ、なんとなく読めそうじゃないですか?)。せっかくなので実際の中国語を見てみましょう。以下は今日の中国語の記事を引っ張って来たものです。少しじっくり見てみてください。

 

金融是国家重要的核心竞争力,是推动高质量发展的重要支撑,作为北京第一大产业,金融业不仅推动了北京经济持续平稳健康发展,也有力促进了北京的城市规划、建设和高质量管理。

 

これは中国の政府が発表したコメントの一文を持ってきたものです。確かに45%の「簡体字」が含まれていますが、半分だけでもなんとかわかりそうな気がしませんか?

 

ここで、日本語と同じ漢字と、簡体字と分けて見ましょう。

 

日本語と同じ漢字:

金融是国家重要的核心争力是推高量展的重要支作北京第一大金融不推了北京持平稳健康展也有力促了北京的城市建和高量管理 (56文字)

 

簡体字

竞质发为产业业仅动经济续发也进规划设质(19文字)

 

句読点を除き75文字のこの文章の中に、日本語と同じ漢字がなんと56文字も含まれていました。この文章では、実に75%が日本語と同じ漢字が使われているということになります。この引用元はニュースでしたので、比較的硬い文章が使われていますが、それになると日本語漢字とのシンクロ率はグッと高くなります。

(引用元:http://www.ce.cn/xwzx/gnsz/gdxw/201905/31/t20190531_32229852.shtml

 

続いて、以下の文章はいかがでしょう?これは中国版LINEであるWechatで、私の友人があげていた文章を拝借したものです。より話し言葉に近い文章となっています。

 

在MIT media lab上过Cynthia的一门容量超级大的课,从语言学到心理学,到app设计,3d动画,机器人,到非洲研究。那门课只有10个学生,但配了20个教授..当时半个学期就做了一个动画游戏的app出来教非洲小朋友学英语(因为同组有个media lab的大牛博士),可惜最后只是作为课程项目,并没有上线。

 

これも同じように、日本語と同じ漢字と、簡体字と分けて見ましょう。句読点とアルファベットは除きます。

 

日本語と同じ漢字:

在上的一容量超大的言学到心理学到画器人到非洲研究那只有学生但配了教授当半学期就了一画的出来教非洲小朋友学英因同有的大牛博士可惜最只是作程目有上(71文字)

 

簡体字

过门级课从语设计动门课个个时个做个动游戏语为组个后为课项没线(31文字)

 

どうでしょう。今回も70%近い漢字が日本語と同じでした。もちろん意図的に選んだわけではなく、ランダムに選んだ結果このようになりましたので、「どれだけ日本語と同じ漢字が使われているか」というのがおわかりいただけたかと思います。

 

では、少し背伸びをして見て、これを日本語訳して見ましょう。後述しますが、日本語で使われる漢字と中国語で使われる漢字については、熟語の場合ほとんど意味が同じです。ですので、日本語の知識を使って推測で言っても、7割近くはわかってしまうものなのです。

 

それでは一番最初の文章から。

 

金融是国家重要的核心竞争力,是推动高质量发展的重要支撑,作为北京第一大产业,金融业不仅推动了北京经济持续平稳健康发展,也有力促进了北京的城市规划、建设和高质量管理。

 

思い切って、簡体字を飛ばして見ましょう。これでもなんとなくわかるんじゃないでしょか?

 

金融是国家重要的核心竞争力 ー>金融 国家重要的な核心競争力

是推动高质量发展的重要支撑 ー> 推す高品質 展的な重要な支撑(=支え)

 

なお、この文章の日本語訳としては「金融は国家にとって重要な核心的競争力であり、高品質な発展を推進する重要な支えである」というものです。ほぼ直訳に近いですが中国語の硬い文章を日本語に直すとだいたいこんな形になります。

 

次に、我が友人の文章について、頑張って日本語の頭で考えて見ましょう。先ほど同様、ここでは簡体字には目をつぶって、日本語と同じ漢字だけを見て推測して見てください。そのあと、ひらがなで適当に助詞をつけて見てください。

 

当时半个学期就做了一个动画游戏的app出来教非洲小朋友学英语

 

ステップ1:当半学期 一動画app出来教える小朋友学ぶ英語

ステップ2:半学期で一つの動画appができ、小さな友人に教え英語を学んだ

正解となる日本語訳は、「当時半学期で一つの動画(アニメーション)ゲームのappを作成し、アフリカ(*非洲はアフリカの意味です)の子供たちに英語を教えた」

 

どうでしょう、当たらずとも遠からずと言った内容でしょうか?

 

ここであくまでも強調したいのが、中国語を全く勉強していない、中国語の知識を全く持たなかったとしても、日本語の考え方である程度文章を読むことができるという点です。もちろん、非洲がアフリカという意味であるということや、是というのは英語で言うところのbe動詞のようなものといった、必要最低限勉強しなければならないことはあるのですが、逆に言えばそのポイントさえつかめば、初学者でもある程度の文章を読み切ることは可能と言うことなのです。これってすごいことではありませんか?

 

文章が読めると言うことは、逆に言うと文章が書けると言うことになります。日本語の文章を書いた場合、半分近くは中国語として意味が通じるものになります。ここで思い出されるのが「偽中国語」と言うものです。

 

数年前に日本で「偽中国語」なるものが流行りましたよね。LINEなどのチャットで、あえてひらがなを省略し、中国語っぽく表現することでコミュニケーションをとる方法です。例えば、 「あなたは明日どこに行きますか。」を、「貴方明日何処行?」とか得るものです。もちろんこれは中国語ではありませんが、中国語の文語文(古い話し方)に似ているところがあり、違和感はあるものの中国人からすると理解をすることはできます。ちなみに正しくは「你明天去哪里?」です。

 

以上のように、漢字を知っているということは、中国語を勉強する上で大きなアドバンテージなのです。日本人は普段から漢字を使っていますので、日本人全員が大きなアドバンテージを持っていると言うことになります。この手を利用しないわけにはいきませんよね。

 

次に、45%である簡体字を解読する方法を説明していきたいと思います。

 

では、では